どんなことをする?高級クラブでの仕事内容について

キャバ嬢の仕事

高級クラブでの仕事内容

高級クラブで働き出すと、さまざまなお仕事を任されることになります。
最初はヘルプからのスタートなので重い責任こそ負いませんが、覚えることは多岐に渡るでしょう。

ヘルプからでも担うことになる主なお仕事について1つずつ説明していきますね。

①お客様の接待

高級クラブに勤める女性の一番のお仕事は、お客様への接待です。
シンプルに言ってしまうと接客なのですが、高級クラブでの接待は一般的な飲食店やアパレルショップなどの接客とは異なります。

そもそも、高級クラブはこの接待が法律で許されているお店です。
法律で許されている接待には、「歓楽的な思いをさせるような接客」という意味合いが含まれています。
具体的には、キャバ嬢とお客様が隣同士に座るなど近距離で談笑し、お酒などのお相手をすることですね。

お店によってはカラオケ設備があるので、これも隣同士に座りながら歌ったり聞いたりなどします。
簡単なゲームを一緒に行ったり、お酒が入れば軽く踊ったりなどするケースもあるかもしれません。

こうした、お客様と近い距離で飲食や遊戯、会話などを楽しむ行為を接待と表現しています。

この接待を通じて、いかにお客様を楽しませ満足させることができるか、ここが最重要ポイントとなるでしょう。
高級クラブでは接待にも高いレベルが求められ、ランクの低いお店よりもお客様を楽しませなければいけません。
それこそが高級クラブに勤める女性の最大のお仕事となります。

②同伴・アフター

お客様を楽しませるのは、お店の中だけではありません。
お店の外でもお客様と接し、楽しませることが高級クラブに勤める女性には求められます。
いわゆる『同伴出勤』や『アフター』と呼ばれるものですね。

同伴出勤は、キャバ嬢が出勤前に男性とお店の外で会い、お食事などで時間を過ごし、その後一緒にキャバ嬢の在籍する店舗へと行くことです。
この同伴は、回数をこなせばこなすほどお店の売上もキャバ嬢のお給料も上がるので、是非積極的に行ってもらいたいですね。

アフターは、キャバ嬢のお仕事が終わった後、お客様と一緒にお店を出て時間を過ごすことです。
高級クラブの場合、危険があるということから、このアフターを禁止している店舗もあります。
OKしているところでも、キャバ嬢とお客様1対1ではアフターを許していないところもありますね。
その場合は、複数のキャバ嬢と一緒にアフターを過ごすことになるでしょう。

アフターは同伴とは違い、直接的にお店の売上やキャバ嬢のお給料に影響を与えるわけではありません。
しかし、アフターを一緒に過ごしたお客様は来店頻度を高めたり、来店時の支払金額が増えるケースが多いのも事実です。
もし危険がないと判断できれば、こちらも積極的にお付き合いした方が、お客様と長く太い関係が築けるかもしれませんよ。

どちらもお客様と密な関係を築くためには必要不可欠なお仕事です。
手を抜くことなく、お客様にお付き合いしましょう。

③電話・LINEなどでのお客様とのやり取り

お客様と直接会っていない時にも、お客様に対して働きかけをすることがキャバ嬢には求められます。

代表的なものが、電話やLINEなどによるお客様とのやり取りですね。
いわゆる“営業”などと呼ばれたりしますが、こまめにこれを行うと、プラスの結果として返ってくることが非常に多いです。

お店に来てくれた後にLINEでお礼を伝えたり、時間がある時に電話でお話をしたりなどは、多くのキャバ嬢が行っています。
もちろんメールを用いてお客様とやり取りしても構いませんよ。
高級クラブに勤める女性の場合には、それにお手紙などが加わることもあるでしょう。
年配のお客様も多いはずなので、手紙の方が喜ばれることも少なくありません。

ポイントは、いかに営業だと思わせないようにするかです。
相手も営業だとわかってはいても、より自然なやり取りであれば「また会いたい」、「早く会いたい」と思ってもらいやすくなります。

重要なお仕事の1つとなりますが、ただ単にやるだけでは意味がありません。
内容や工夫、タイミングなどに気を配りながら電話やLINE、メールやお手紙などを送ることが重要であると認識しておきましょう。

まとめ

  • 実際に働く前に高級クラブでのお仕事内容を把握しておきましょう
  • 高級クラブに勤める女性の一番のお仕事は、お客様への接待です
  • 『同伴出勤』と『アフター』はお客様との密な関係を築くために必要なお仕事です
  • 直接会っていない時は電話やLINEなどでお客様とやり取りをします