高級クラブやキャバクラの「体験入店」とは?採用のコツも

キャバ嬢の仕事

高級クラブの「体験入店」とは

銀座にある高級クラブやキャバクラでは、『体験入店』と呼ばれる制度を採用しているお店が多くなっています。
これは、女性が在籍する店舗を決定するために重要なシステムです。

言葉からも読み取れるかもしれませんが、体験入店とは、興味のある高級クラブやキャバクラに“1日キャバ嬢”として入り、実際に働いてみる制度のことです。
キャバ嬢として働くため、来店されたリアルなお客様への接客も行います。

体験入店は“体入”と呼ばれることが多いので、こちらも合わせて覚えておきましょう。

この体入ですが、女性側からすれば在籍する店舗を、実際に働いた後で決められるというメリットがあります。

一方で、お店側が在籍させる女性を見極めるためのシステムでもあるのです。
お互いにとって相性などを判断する場であると思っておくとわかりやすいかもしれません。

体験入店とは言っても、時給は発生します。
銀座には非常に高い時給金額で体入させてくれるお店が多くなっていますよ。
是非一度この制度を利用して、お仕事を体験してみましょう。

当サイトでは、高級クラブで着るドレスについて紹介した記事もありますので、こちらの記事もぜひご覧ください。

体験入店に受からないと採用にならない?

少し触れていますが、体験入店はお店側が在籍させる女性を見極めるためのシステムでもあります。
つまり、体入後、女性側が「ここで働きたい」と思っても、お店側が受け入れてくれなければ正式に在籍することはできないのです。

晴れて採用されお店の在籍キャバ嬢となるためには、体験入店という名の試験をパスしなければいけません。
それまでの流れは、以下のようになっています。

  1. 求人サイトなどで気になるお店を厳選する
  2. 店舗へ面接及び体験入店の応募や申し込みを行う
  3. 面接を受ける
  4. 体験入店を経験する
  5. 女性側とお店側がともに好印象を抱けば採用が決定

体験入店も、面接の一部だと思っておきましょう。
面接にパスしたからといって、即採用となるわけではありません。
気を抜くことなく丁寧に体入をこなすことが求められます。

体験入店後に採用されるためには

では実際に、体験入店を経て無事に採用されるために必要な心構えやコツなどを紹介していきましょう。

特に「ここで働きたい!」と強い希望があって体入を申し込んだのであれば、紹介するポイントやコツなどを意識して働いてみてくださいね。

緊張せずに堂々と仕事をする

初めて高級クラブやキャバクラで働くわけですから、在籍していないとはいっても緊張はしますよね。
ある程度は仕方がありません。
でも、あまり緊張しすぎて挙動不審になってしまわないように気を付けましょう。

オドオドした接客を続けていると、「接客業には向いていないのではないか」と、お店側に思われてしまいます。

できる限り堂々とお仕事をこなすことがポイントです。
自信を持ってください。
銀座の高級クラブなどの面接に通り体験入店を許されている段階で、それなりに認められているということでもあります。

そう考えれば、あまり気負うことなく自然に振る舞えるのではないでしょうか。

はりきりすぎ・出しゃばりすぎに気をつける

自信を持って堂々とお仕事をするとは言っても、はりきりすぎたりでしゃばりすぎてはいけませんよ。

過剰に自分をアピールする必要はありません。
むしろ体入の段階でそれをしてしまうと、「和を乱す恐れがある」と判断され、採用が遠のいてしまうでしょう。

どのお店でも、入った段階ではヘルプとしてのお仕事がメインとなります。
ナイトワークが初めての女性の場合には、ヘルプのお仕事しか与えられません。

ヘルプというのは、お客様が指名したキャバ嬢のサポート役のこと。
メインのキャバ嬢よりも目立ったり、そのキャバ嬢の顧客に対してヘルプがアピールすることは許されないのです。

仕事は丁寧に行い愛想も良くしなければいけませんが、他のキャバ嬢のお客様に自ら話しかけるような行動は控えましょう。
連絡先の交換もNGです。
ドリンクなどのおねだりもしないでください。

ヘルプとしての役割をこなすことこそ、採用へと近づくポイントとなります。

まとめ

  • 銀座の高級クラブやキャバクラにも『体験入店』のシステムがあります
  • 正式な在籍の前に“1日キャバ嬢”を体験できるのが『体験入店』制度です
  • 面接後の体験入店を経て正式にお店に採用されるかどうかが決定します
  • 採用されるためには体入で堂々とお仕事をする姿勢が重要です
  • 出しゃばりすぎると採用が遠のく可能性があるので注意しましょう
  • 体験入店ではヘルプとしてのお仕事をこなすことが求められます