危険も潜む?キャバ嬢が同伴・アフターを行う際の注意点

キャバ嬢の仕事

キャバ嬢が同伴・アフターを行う際の注意

キャバ嬢の大事なお仕事となる同伴出勤やアフターですが、これらは絶対に100%安心であるとは限りません。

お店の外でお客様と二人きりになるケースも出てくるので、危険な目に遭わないよう注意しながらお付き合いする必要があります。

まずは、この同伴やアフターにはどのような危険が考えられるのかを挙げてみましょう。

①お客様が豹変するケース

お客様は男性が多く、この方たちは好みの女性や想いを寄せているキャバ嬢を同伴やアフターに誘います。

意中の女性と一緒にいると気持ちが高まり、それが抑えられなくなれば、態度が豹変してしまうケースも考えられるでしょう。
女性にはあまり理解できない男性の習性というか特徴なのですが、実際にそのようなことは十分に考えられます。
キャバ嬢は、同伴時やアフター時には、その可能性を頭に入れていなければいけません。

豹変と言っても、急に襲ってくるだけとは限りませんよ。
いつもは紳士的な男性が、急に馴れ馴れしくしてきたり体をベタベタと触ってくるというケースもあるでしょう。
そうした態度に対して「やめてください」と言った途端に攻撃的になる男性もいます。

どのように変化するかは人や状況によって異なりますが、二人きりであることをいいことに、態度を変えてくる男性がいることは意識しておきたいですね。
特にお酒が入った後は要注意です。

②長い時間拘束されてしまうケース

これも監視がいない状況になることが多い同伴やアフターだからこそ起こりうることですが、長時間拘束しようとする男性がしばしばいます。

同伴で予定よりも長い時間拘束されてしまえば遅刻につながりますよね。
お店によっては遅刻に重いペナルティーが課せられているので、キャバ嬢にとって何もメリットはありません。

アフターでは深夜遅い時間帯となるので、男性と一緒にいるのが怖いと感じてしまう女性も出てくるでしょう。
無事だったとしても、次の日のお仕事などにも影響が及ぶ可能性が高いです。

同伴であれば、時間帯も夜の8時や9時でしょうから、場所さえ間違わなければリスクは最小限に抑えられます。

しかしアフターは、やはり危険度が高くなってしまうでしょう。
長時間拘束するような男性は、「そろそろ帰りたい」などとキャバ嬢が言えば態度が豹変するリスクも考えられます。

深夜2時や3時では、場所によっては非常に危険な目に遭いかねないため、十分に注意する必要があります。

避けるにはどうすればいい?

同伴やアフターのリスクは、事前に回避したり、そのリスクを最小限にしておくことが重要です。

できるだけ安全に同伴やアフターに付き合うためのポイントを整理しておきましょう。
もしキャバ嬢となり同伴やアフターにお付き合いする機会があれば参考にしてください。

①待ち合わせ時間などはこちら側から提案する

同伴やアフターの主導権を、できる限り女性側が握るようにすると、危険をかなり減らすことができます。

例えば、待ち合わせの時間や場所などをこちら側から提案したりなどが考えられますね。
同伴であれば出勤時間に間に合うよう時間と場所を設定したいですし、アフターであれば1時間だけなど時間を限定し、お別れする時間をあらかじめ決めておきたいところです。
食事をするなら具体的なお店の提案も、こちら側からしてみましょう。

「出勤時間が8時だから、待ち合わせは6時でいい?」、「遅刻すると怒られちゃうから、待ち合わせはお店の近くがいいな」、「あのお店行ってみたいんですけど、どうですか?」など、都合や希望などを上手に伝えれば、余計な警戒心などが伝わってしまうこともありませんよ。

②個室や車などの二人きりになる空間を避ける

どのような状況であっても、個室や車など、二人きりになる空間は避けることをおすすめします。

二人きりになった途端、態度を変える男性も少なくありません。
周囲に人の目があれば、多くの男性は紳士的な態度で接してくれるものです。

飲食店にも個室が用意されていることがありますが、自分で選んだお店であれば安全性は高いでしょう。
何かあっても声を出せば店員さんが駆けつけてくれるはずです。
カラオケ店の個室などは、できれば避けたいですね。

車は、タクシーであってもお客様と二人きりで乗るのは避けましょう。
ましてや、お客様の車に乗るのは危険です。
「送ってあげる」と言われても断るようにしてください。

③信頼できるお客様以外と同伴・アフターをしない

そもそもですが、同伴やアフターは信頼できるお客様と行くようにしましょう。

まだ来店して間もないお客様とは、信頼関係が出来上がっていません。
どのような人か、数度会っただけではわからないはずです。
そのような人物とお店の外で二人きりになるのは危険ですよね。

特にアフターに関しては、信頼でき身元がはっきりとしている男性以外と行くのは避けてください。
名前はもちろん、働いている企業名などが確認できなければ、二人きりで過ごすの控えるべきです。

お誘いをお断りする際にも、「知り合ってから1年以上にならないお客様とは、お外で会わないと決めてるんです」などと正直に言えば、きっと理解してくれるでしょう。

もしそれでも強引に誘ってくるような男性であれば、信頼できないお客様ということになります。
しつこい男性に関しては、お店の人に相談するなどしてください。

まとめ

  • キャバ嬢の同伴やアフターには危険が伴うケースがあるので注意しましょう
  • 二人きりになった途端に態度が豹変する男性もいます
  • 長時間拘束しようとするお客様もいるので要注意です
  • 待ち合わせ時間や場所などはキャバ嬢側から提案しましょう
  • どのようなお客様とも個室や車で二人きりになるのは避けなければいけません
  • そもそも信頼できるお客様以外と同伴やアフターをするのは控えるべきです